こんばんは。
メタル系6弦ベーシストのりょうです。


皆さんはマルチエフェクターについてどう思いますか?

ぼくはもっぱらコンパクトエフェクター派なのですが、たくさんのエフェクターをアルモアのエフェクターボードに入れ、かつSKBのハードケースに6弦ベースを入れて持ち運ぶのが重過ぎて辛いので、最近はマルチエフェクターの購入を検討しています…



今回は、初心者ベーシストにも、そしてもちろん上級者ベーシストにもオススメなマルチエフェクターをご紹介します。





◼️BOSS GT-1B


ベースのマルチエフェクターの完成形と言っても過言ではないぐらい、完成度の高いマルチエフェクターです。

オリジナルパッチを無料でダウンロードして、プロが作った設定を使うことができます。

そして、ちょうどベース用のソフトケースのポケットに入れて持ち運べるサイズ感なんです。(ソフトケースのサイズによっては入らない場合もあるようです)

このサイズ感は、荷物を減らしたい方、そして女性ベーシストには本当にいいと思います。


更に、オーディオインターフェースとしても使えるという…素晴らしいです!



BOSSのマルチエフェクターあるあるなんですが、マルチエフェクターを使ったことがない方には、ちょっと設定が難しいかもしれません。

ただレビューも多く、使い方もYouTubeに上がっているので安心です。




↑こちらの動画で、ガチャリックスピンのベーシスト、FチョッパーKOGAさんがレビューしてくれています。





◼️ZOOM MS-60B Multistomp



かなり人気のマルチエフェクターですね。

8,000円以下なのに定番のエフェクターサウンドがいくつもモデリングされています。

もちろんベーシスト定番エフェクター、サンズアンプのモデリングもありますよ。

こんなに小さいのに52エフェクト+6アンプモデルが内蔵されていると思うと凄いですよね。


ただこれ一台だけライブに持って行くと、初心者が最初にマルチエフェクター買ってみた感が否めません。





◼️ZOOM B2



なんといってもB2最大の特徴は、クリアなディストーションサウンドだと思います。

結構歪むのですが、ノイズリダクションが内蔵されているのでノイズが全然乗りません

これだけでも買う価値はあるように感じます。


また、そこまで大きくはないので、コンパクトエフェクターのエフェクターボードに組み込むのもアリだと思います。




↑こちらの動画で、3:15から、みんな大好きIKUOさんがZOOM B2のレビューをしてくれています。





◼️ZOOM B3n



こちらもかなり人気が高く、かつこれ一台でレコーディングまで行うことができるぐらいの高い品質を誇る、ZOOMのマルチエフェクターです。

元々ZOOMのB3という定番マルチエフェクターがあったのですが、それの後継モデルになります。


コンパクトエフェクターを3つ並べたような見た目で、3つまでパッチが表示できるので、他のマルチエフェクターに比べて感覚的に操作が可能です。

更に、B3nには70種類のエフェクトが搭載されているのですが、その中になんと今大人気のダークグラスのモデルまで入っています

これはベーシストにとってかなり嬉しいですよね。


また、追加のエフェクトを無料でダウンロードすることもできます。


上記のBOSS GT-1Bと比較されやすいので、楽器屋さんで弾き比べても良いかと思います。




↑こちらの動画で、地獄のメカニカルトレーニングの著者で、ギター殺しの異名を持つ、超絶技巧派ベーシスト MASAKIさんがレビューをしてくれています。







最初は、マルチエフェクターを使っていたら他に欲しい音が出てきて、結局コンパクトエフェクターを使うんじゃないかという先入観から、マルチエフェクターはあまり好きではなかったのですが、使ってみると本当に便利です。

また、例えば、この曲にだけオートワウかけたいけれど、この曲の為だけに買うのもちょっと…なんて心配もないので強みかと思います。


ちなみに僕は、BOSSのGT-1Bを買おうと思っています。

なぜならレビューしているFチョッパーKOGAさんが美人だからです!


他にもオススメなマルチエフェクターを知っている方がいれば、是非教えてくださいね。

ご意見お待ちしております。

スポンサードリンク