こんばんは。
メタル系6弦ベーシストのりょうです。

近頃は寒い日が続きますが、皆さんどうお過ごしでしょうか?

メタラーはヘドバンさえすれば温まることができるため、メタルがあれば寒くても何も問題ないかと思います。

そして、ヘドバンといえばブレイクダウンですよね!


今回は、かっこいいブレイクダウン 国産ラウドロック・メタルコア編 第2弾ということで、先日に引き続きご紹介したいと思います。





◼️Fear, and Loathing in Las Vegas / Crossover




フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガスの楽曲の中では比較的激しい曲ですが、かなりハードな曲調であっても、ラスベガスらしさがにじみ出まくっています。

ブレイクダウンの後にベースソロが続くわけですが、結構珍しい構成ですよね。

メタラーでベーシストな方にはぴったりだと思いますね。




◼️HER NAME IN BLOOD / BAKEMONO




国産メタルコアの中でも、ごりごりなバンド、ハー・ネーム・イン・ブラッドからの一曲です。

ヴォーカルのIkepyさんを筆頭に、強面なメンバーが揃っている印象ですが、PVなどにも見られるコメディーな感じもバンドの特徴ですね。

重ためのブレイクダウンが曲調にぴったりでとてもかっこいいです。




◼️coldrain / The Revelation




コールドレインといえば、この曲と思っている方は多いと思います。

イントロからごリゴリにヘヴィなリフを刻んでいるわけですが、サビはヴォーカルのMasatoさんの綺麗なクリーンボイスが押し出されていてとても聴きやすく、ブレイクダウンはノリやすいです。




◼️Crystal Lake / True North




国産メタルコアきっての大御所バンド、クリスタルレイクからの一曲です。

ライブノリを考えて作られたのかはわかりませんが、非常にノリやすい曲が多いバンドですよね。


固く締まった音のギターを聴くと、

「あ、クリスタルレイクだ!」

って思うのは僕だけでしょうか?





今回もかっこいいブレイクダウンをいくつかご紹介させていただきました。

ライトなメタラーにも聴きやすく、ライブで楽しめる曲ばかりなので、幅広い層に人気な理由がひしひしと伝わってきますね。


他にも、国産ラウドロック・メタルコアのかっこいいブレイクダウンを知っている方がいれば、ぜひ教えてください。

ご意見お待ちしております。


また、先日かっこいいブレイクダウン 国産ラウドロック・メタルコア編の第1弾をご紹介しております。

まだ見ていない方は、こちらもぜひチェックしてくださいね。



スポンサードリンク