こんばんは。
メタル系6弦ベーシストのりょうです。


今回は少し悲しいトピックです。

皆さんはベースを辞めようと思ったことがありますか?


本文でご紹介しますが、私自身は1回だけベースを辞めようと思ったことがあります。


ということで今回は、ベーシストに、実際にベースを辞めようと思った瞬間を聞いてみました。




◼️全くモテなかったから。

「学生時代にモテようと思いベースを練習し、学校に持って行って教室の後ろのロッカーに座ってベースを弾いていたが、生音が小さ過ぎて聴いてもらえず、全然モテなかったからベースを辞めようと思った。」30代 元ベーシスト

というように、ベースをやったら少しはモテるだろうと期待したのにも関わらず、全くモテなかったため、ベースを辞めようと思ったという声がありました。

実際ベーシストは本当にモテません。


個人的には、本当にモテたいのであれば、まだ目立つギターかボーカルを選ぶのがベストかと思います。





◼️SNS等で見た凄腕ベーシストが、自分より若かった又は同い年だったから。

「インスタグラムで見た外国人のベーシストが凄く上手くて、そのベーシストをググったら自分よりも全然若くて上手かったから。」20代ベーシスト

今の時代インターネットで簡単に凄腕ミュージシャンの動画を見ることができますし、素人でも上手な人はとても上手です。

実際に僕も、YouTubeでMAYONESというベースメーカーの演奏動画を漁っていた時、Mohini Dey(モヒーニ・デイ)氏というベーシストを見つけ、あまりの超絶プレイに驚き色々と調べたのですが絶望的な気持ちになり、本当にベースを辞めようと思いました。





◼️好きな人に、「ベースとかよく分からないし、ギターの方がかっこいい」と言われたから。

「若い頃付き合っていた彼女と喧嘩した時、ベース全然聴こえんし、ギターの方がかっこいいのになんでベースなんてやってるの?と言われた時は、本当にベースを辞めようと思った。」30代ベーシスト

僕は運が良く、これまで出会ってきた女性の方にはベースの良さを理解してもらえていた気がします。(合わせてくれていただけなのかもしれませんが…)

ただギターの方が基本的には人気があるので、なんでベースやってるの?と思われても仕方ないことなのかもしれませんね。

僕自身ベーシストは、「私が好きになる人ベーシストばっかりなんだよねー」と変わり者かもしれない自分に酔ったサブくそ女と呼ばれるような女性と、本当にベースのサウンドが好きな頭のおかしい人達に支えられていると思っているので、ベーシストはそんな魅力的な女性に出会えればとても良い時間を過ごせるかもしれませんね。





◼️ただただ面白くなかったから。

「バンドやるかという話になった時にじゃんけんに負けたからベースを始めてみたが、あまり面白くなく、気が付いたらギタリストになっていた。」20代ギタリスト
実際に、じゃんけんに負けたことや、弦が少なくて簡単そうだったことが、ベースを始めたきっかけになったというベーシストはプロにもたくさんいます。

ただ儚くも派手な要素は少なく、比較的地味な楽器なので、そのまま面白さに気付くことなく辞めてしまったり、他の楽器に転向する場合も少なくないみたいですね。





個人的には、ベースは他の楽器にはない良さをたくさん持った、奥深い楽器だと思いますし、今では僕の人生においてとても重要な要素でもあります。

ベースを手に取った人は、きっと面白くなってくると思うので、是非続けて欲しいなと思います。


他にもベースを辞めようかと思った瞬間がある方は、是非教えてくださいね。

ご意見お待ちしております。

スポンサードリンク